banner

事業主に申し出

社会保険の氏名変更は事業主に申し出します


社会保険の氏名変更は結婚などで氏名が変わってからすぐに事業主に申し出しないと、旧姓のままでの社会健康保険証は使用ができないのです。

旧姓の氏名である社会健康保険証は、社会保険庁に返還しないと新しい社会健康保険証は届かないのです。申し出のあった事業主は、年金手帳に変更された氏名を記入し、被保険者氏名変更届とともに日本年金機構へ提出します。

変更された年金手帳はすぐに被保険者に返します。変更された名前の漢字が違っている場合はすぐに正しい漢字の名前で訂正の届を提出します。

住民票と社会保険証の氏名の漢字が違っている時に、将来、受け取る年金がもらえなかったり時間がかかったりとトラブルになることがありますので、必ず正しい氏名かどうか保険証をもらった時点で確認します。氏名が変更すると、社会保険の氏名変更だけではなく、銀行の口座名義や運転免許証など変更手続きが必要になります。社会健康保険証は旧姓の社会保険証は事業主へ返還します。

事業主は届けの書類とともに日本年金機構など提出します。書類はインターネットでも書類が出せれますので便利が良く、書き方の例外もありますので例外を見ながら記入して、間違いがないか必ず再度確認してから提出します。

年金手帳は氏名が変更するところがありますので、事業主は変更後の名前を記入します。

結婚などで氏名が変更したらすぐに手続きを行いを速やかにしないと将来年金を受け取る時にトラブルが生じます。

特に、年金手帳、社会健康保険証や国民健康保険証、運転免許証、クレジットカード、銀行の口座名義など氏名の変更手続きは全て、変わったらすぐに手続きを行います。はじめに手続きを行えば、後々になってトラブルがなくなります。

注意が必要なのは、社会健康保険小の変更や年金手帳の氏名変更を事業主に申し出をし、同じように、雇用保険も氏名の変更の手続きを事業主は行わないといけないのです。本人が雇用保険をもらう際に、旧姓のままですと、もらえない可能性があります。

氏名が変更したらすぐに事業主に申し出をし、雇用保険も氏名の変更手続きを行うように伝えます。年金手帳は事業主が氏名の変更をするのですぐに手帳は返してもらえます。社会健康保険証などは手続きに時間がかかります。

変更された名前で健康保険証は事業主からもらえるか、自宅に届くかどちらかになります。手続きに時間がかかるものは事業主に申し出をして書類を記入するところは間違いのないように記入してから書類を日本年金機構に提出します。

Copyright(c) 2018 社会保険と労働保険入っておくべき理由を学ぶAll Rights Reserved.