banner

働くことが困難な場合

労働保険と病気などで働くことが困難な場合


会社は社会保険に加入する義務と言うものが在ります。

社会保険と言うのは、健康保険や厚生年金保険、労働保険と呼ばれる保険です。
また、労働保険には雇用保険と労災保険と言う2つの保険が有ります。

健康保険は病院などで利用する保険証であり、医療費を国が負担をしてくれますので、自己負担を行う医療費が少なくなると言うメリットが有ります。

厚生年金保険は、老後に年金を受け取るための保険であり、労働保険のうち雇用保険は失業した時に失業保険を受給するための保険、労災保険は業務中に怪我をしたり、通勤途中で事故に遭い怪我をした時や、死亡した場合は遺族に対する保険になります。
会社はこれらの社会保険に加入する事が義務付けられており、会社で働く社員のための保険でもあるのです。

因みに、地震保険や自動車の任意保険、生命保険と言うのは、社会保険とは異なり個人の保険になります。

これらの保険は個人が任意で加入すれば良いと言う保険であり、義務は有りません。
ですが、労働保険を含めて社会保険は会社が加入をしなければならない保険でもあるのです。

所で、労働保険のうち労災保険は就業中に怪我をしたり、通勤途中で怪我をした時に、治療や入院に要する費用を負担してくれる保険です。

何が起きるか解らない時代ですので、労災保険は必須の保険でもあるわけですが、病気で入院をした場合も、労災保険が適用されるケースが有ります。

これは線引きがとても難しいのですが、ケースバイケースで適用されることが在ります。
怪我と違って、病気と言うものは慢性期的なものが多いものです。

慢性的に症状が出ていて、仕事中に倒れてしまうケースはどうでしょうか。
業務が原因で倒れたのであれば、労災の適用が行われることもあると言います。
例えば、連日数時間の残業をしなければならなかったり、具合が悪いのに納期が優先という事もあり、会社に出社して業務をしていて倒れるケースなどです。
因みに労災カクシと言う言葉が有りますが、これは本人が病気であることを知っているのにも関わらず、会社が無理やり業務を行わさせて、倒れてしまったり、死亡した場合の話です。
これは明らかに会社側に落ち度が有りますので、労災として認定したくはありませんので、隠ぺい工作を行うと言うものです。
尚、労災カクシと言うのは在ってはならないものであり、行政機関が広告に出しているように、労災カクシと言うものは犯罪になるのだと言います。

Copyright(c) 2018 社会保険と労働保険入っておくべき理由を学ぶAll Rights Reserved.