banner

最近の投稿

事業主に申し出

社会保険の氏名変更は事業主に申し出します


社会保険の氏名変更は結婚などで氏名が変わってからすぐに事業主に申し出しないと、旧姓のままでの社会健康保険証は使用ができないのです。

旧姓の氏名である社会健康保険証は、社会保険庁に返還しないと新しい社会健康保険証は届かないのです。申し出のあった事業主は、年金手帳に変更された氏名を記入し、被保険者氏名変更届とともに日本年金機構へ提出します。

変更された年金手帳はすぐに被保険者に返します。変更された名前の漢字が違っている場合はすぐに正しい漢字の名前で訂正の届を提出します。

住民票と社会保険証の氏名の漢字が違っている時に、将来、受け取る年金がもらえなかったり時間がかかったりとトラブルになることがありますので、必ず正しい氏名かどうか保険証をもらった時点で確認します。氏名が変更すると、社会保険の氏名変更だけではなく、銀行の口座名義や運転免許証など変更手続きが必要になります。社会健康保険証は旧姓の社会保険証は事業主へ返還します。

事業主は届けの書類とともに日本年金機構など提出します。書類はインターネットでも書類が出せれますので便利が良く、書き方の例外もありますので例外を見ながら記入して、間違いがないか必ず再度確認してから提出します。

年金手帳は氏名が変更するところがありますので、事業主は変更後の名前を記入します。

結婚などで氏名が変更したらすぐに手続きを行いを速やかにしないと将来年金を受け取る時にトラブルが生じます。

特に、年金手帳、社会健康保険証や国民健康保険証、運転免許証、クレジットカード、銀行の口座名義など氏名の変更手続きは全て、変わったらすぐに手続きを行います。はじめに手続きを行えば、後々になってトラブルがなくなります。

注意が必要なのは、社会健康保険小の変更や年金手帳の氏名変更を事業主に申し出をし、同じように、雇用保険も氏名の変更の手続きを事業主は行わないといけないのです。本人が雇用保険をもらう際に、旧姓のままですと、もらえない可能性があります。

氏名が変更したらすぐに事業主に申し出をし、雇用保険も氏名の変更手続きを行うように伝えます。年金手帳は事業主が氏名の変更をするのですぐに手帳は返してもらえます。社会健康保険証などは手続きに時間がかかります。

変更された名前で健康保険証は事業主からもらえるか、自宅に届くかどちらかになります。手続きに時間がかかるものは事業主に申し出をして書類を記入するところは間違いのないように記入してから書類を日本年金機構に提出します。

社会保険のオンライン請求

社会保険のオンライン請求は時代の流れとはいうものの


社会保険のオンライン請求は平成18年4月に関連の省令が改正され平成19年3月からオンライン請求の受付が開始されました。当然のことながら、オンラインというのはパソコンなどの保険請求システムがインターネットに接続していることが前提となっており、必要最低限のシステムがなければ使うことが出来ません。

インターネット接続環境とレセプト関連のシステムを同じ機体でとなるとパソコンにレセプト関連のソフトをインストールし、インターネットに接続するというものが一般的ですが、システム納入業者によってはセキュリティに関する考え方の違いからくる実務的な運用部分で現場の人に手間をかけさせている事例などが見受けられます。

このセキュリティに関する考え方の違いは使用しているパソコンのOSのサポート関連にも波及していることがあります。

インターネットにレセコンを接続させること自体が危険と感じているシステム納入業者の場合、請求に関連するデータのアップデートはCD-ROMなどを毎月送付して対応しているところがあります。

最近のパソコンの場合はOSのアップデートもインターネットで行うのが普通ですが、システムの安定性を重視する場合、OSのアップデートを行わないところもあるくらいです。一方で社会保険のオンライン請求だけではなく、システムのサポートもオンラインで行っている業者もあり、どこのシステムを利用するかによって現場の担当者のITに関する習熟度に違いがでてくるようになりました。

社会保険に関しては事務の効率化が論議されており、平成27年までには一部の例外を除いてオンライン請求のみならず、電子レセプトが義務づけられています。

医療機関などではカルテかレセプトまでのシステム導入が急ピッチで進められており、医療現場でのパソコン利用が当たり前になっています。

現場の担当者が専用のシステムと思っているのは普段、社会保険とは関係のない人も利用しているパソコンとインターネットであり、使用OSは一般的な物、利用ソフトが専用というものです。

しかしながら納入業者によってはあたかも専用システムのようにソフトをパソコンに組み込んでいることもあり、利用者の中にはパソコンを操作している感覚に乏しい人がいる一方、日常生活でパソコンを利用している人にとってはネットに接続をしてOSやソフトのアップデートを当然のように受け止める人が出てくるのです。

画面周りが少し変わったり、OSの仕様変更がソフトの動きに影響したときにとまどったりする人がパソコンのサポートに連絡してくることがありますが、利用者の習熟度がトラブルの早期解決に関係してくることはあまり知られていません。

働くことが困難な場合

労働保険と病気などで働くことが困難な場合


会社は社会保険に加入する義務と言うものが在ります。

社会保険と言うのは、健康保険や厚生年金保険、労働保険と呼ばれる保険です。
また、労働保険には雇用保険と労災保険と言う2つの保険が有ります。

健康保険は病院などで利用する保険証であり、医療費を国が負担をしてくれますので、自己負担を行う医療費が少なくなると言うメリットが有ります。

厚生年金保険は、老後に年金を受け取るための保険であり、労働保険のうち雇用保険は失業した時に失業保険を受給するための保険、労災保険は業務中に怪我をしたり、通勤途中で事故に遭い怪我をした時や、死亡した場合は遺族に対する保険になります。
会社はこれらの社会保険に加入する事が義務付けられており、会社で働く社員のための保険でもあるのです。

因みに、地震保険や自動車の任意保険、生命保険と言うのは、社会保険とは異なり個人の保険になります。

これらの保険は個人が任意で加入すれば良いと言う保険であり、義務は有りません。
ですが、労働保険を含めて社会保険は会社が加入をしなければならない保険でもあるのです。

所で、労働保険のうち労災保険は就業中に怪我をしたり、通勤途中で怪我をした時に、治療や入院に要する費用を負担してくれる保険です。

何が起きるか解らない時代ですので、労災保険は必須の保険でもあるわけですが、病気で入院をした場合も、労災保険が適用されるケースが有ります。

これは線引きがとても難しいのですが、ケースバイケースで適用されることが在ります。
怪我と違って、病気と言うものは慢性期的なものが多いものです。

慢性的に症状が出ていて、仕事中に倒れてしまうケースはどうでしょうか。
業務が原因で倒れたのであれば、労災の適用が行われることもあると言います。
例えば、連日数時間の残業をしなければならなかったり、具合が悪いのに納期が優先という事もあり、会社に出社して業務をしていて倒れるケースなどです。
因みに労災カクシと言う言葉が有りますが、これは本人が病気であることを知っているのにも関わらず、会社が無理やり業務を行わさせて、倒れてしまったり、死亡した場合の話です。
これは明らかに会社側に落ち度が有りますので、労災として認定したくはありませんので、隠ぺい工作を行うと言うものです。
尚、労災カクシと言うのは在ってはならないものであり、行政機関が広告に出しているように、労災カクシと言うものは犯罪になるのだと言います。

Copyright(c) 2018 社会保険と労働保険入っておくべき理由を学ぶAll Rights Reserved.