banner

加入義務はある?

労働保険に加入義務はあるのでしょうか


労働保険とは、日本が定める社会保険のひとつで、労働者が労働時に発生した事故などにより負傷さらには死亡した場合、もしくは会社の倒産などにより失業したなどの保険給付の対象になった場合、さらに通院などにかかる医療費や生活費を給付する事で労働者の生活の安定がはかられた保険です。

一般的に、労働保険という場合には労働者災害補償保険と雇用保険の2つを言います。

これらの保険については、労働者災害補償保険法及び雇用保険法がこれを定められており、保険料の徴収は労働保険の保険料の徴収等に関する法律で定められています。
以下、労働者災害補償保険と雇用保険の内容について明記します。

労働者災害補償保険とは、業務災害及び通勤災害にあった労働者もしくはその遺族に対して給付を行う保険制度です。

事業を行う法人や個人事業者は、家族以外の労働者雇用する場合に、労働保険への加入義務が発生しているため、労働者は原則として保険の適用労働者に該当すると考えられます。

また、これは雇用保険や厚生年金の対象にならないような小規模の個人事業であっても、そこで雇用されているアルバイトやパートの労働者は適用労働者になります。

労働者が保険給付を受ける場合には、業務災害、通勤災害、二次健康診断等給付の3つに大きく分けられます。
さらに、業務災害と通勤災害に関する保険給付の種類には、療養補償給付、休業補償給付、傷病補償年金、障害補償給付、遺族補償年金、葬祭料、介護補償給付に細かく分けられています。
雇用保険とは、労働者が失業した場合などに保険給付され、労働者の生活及び雇用の安定をはかるための保険です。

なお、雇用保険は国民の生存権を保障するという観点から国庫負担金が一部用いられています。
雇用保険による失業等給付は、求職者給付、就職促進給付、教育訓練給付、雇用継続給付の4種類に分類されています。

求職者給付は失業者の求職活動期間の生活の安定を図ることが目的であるため、求職活動を行うことにより職業に就くよう努めなければなりません。

就職促進給付は、就業促進手当、移転費、広域求職活動費が失業者の再就職の促進と支援のために給付されるものです。

教育訓練給付は、被保険者または被保険者でなくなってから1年以内の人が、指定教育訓練を受講し修了した場合に、その費用の一部が教育訓練給付金として支給されるものです。

雇用継続給付は、高年齢者や育児休業者の雇用継続の促進及び支援を目的としており、高年齢雇用継続給付、育児休業給付、介護休業給付があります。
雇用保険手続きはハローワークで行うことができます。

Copyright(c) 2016 社会保険と労働保険入っておくべき理由を学ぶAll Rights Reserved.